アラフォーLife is good!

アラフォーLife is good!

男子弁当と手帳とカラダケア、ミニマルライフのあれやこれや

2016/06/09の万年筆日記「えんじ色のような赤が好きなのかもしれない」

https://www.instagram.com/p/BGaOGptM-3c/

今日の万年筆日記「えんじ色のような赤が好きなのかもしれない」#手書きツイート #ほぼ日手帳 #ほぼ日 #ほぼ日手帳カズン #手帳ゆる友 #hobonichi #万年筆 #ラミー #インク #ウォーターマン #ミステリアスブルー #筆記具 #文房具 #日記

 

ずっと、「青」が自分の好きな色だと思って生きてきた。

子供の頃から、選ぶ服は青、運動靴も青、筆箱や下敷きも青。

選ぶものはいつも青色が入ったものだった。

大人になり、結婚してからも自分で選ぶ服はついつい青系のものとなってしまい、妻からは「また同じようなものを買って」とよく注意されている。

 

ところが先日ふと、机の上に広げているノートや手帳、ペンなどを眺めていたら、ほぼ日手帳オリジナルのカバーは外側は紺色の布地だが内側は赤い革張り、ほぼ日手帳カズンのカバーは赤い布地のブックカバー、万年筆のラミーアルスターは赤みが強いディープパープル、もう1本の万年筆のブレラは赤がポイント色のスケルトン。

どれも深い紅色、言ってみれば「えんじ色」に近い色合いをしている。

 

いずれも買う時にはまったく「赤」を意識していなかったのに、これだけ赤いものが並ぶということは、無意識に欲していたのかもしれない。

 

よし、決めた。

今度から何色が好きか聞かれたら、「それは赤です」と答えることにしよう。

ひょっとしたら、赤い服も似合うのかもしれない。

 

 

1日1ページに収めるつもりだったが、4日目にして早くもページをまたいでしまった。

まあ、いいか。