アラフォーLife is good!

アラフォーLife is good!

男子弁当と手帳とカラダケア、ミニマルライフのあれやこれや

【今日の料理】前半の下茹でと後半の煮込みで、ほろほろ柔らかな「豚の角煮」

f:id:noblog0125:20160109184459j:image

 
家族が帰省先から帰ってくるまでの最後のひとり時間は煮込み料理をしようと心に決めていました。
 
挑戦したのは「豚の角煮(ゆで卵入り)」。クックパッドの人気1位のレシピを参考にさせてもらいました。
 
まずは、ゆで卵をつくっておきます。私は半熟ぐらいが好きなので5〜6分の茹で時間ですが、固めが好みな方は7〜8分くらいで。
 
f:id:noblog0125:20160109171411j:image
 
ここからは、豚バラ肉ブロックを調理していきます。いやー、ブロック肉ってだけで「ザ・男の料理」という感じでテンションが上がります。
 
仕事帰りのスーパーで2割引で買えました。670gあります。
 
f:id:noblog0125:20160109171732j:image
 
フライパンでブロック肉の全面をこんがりと焼きます。フライパンにサラダ油を引いて焼いたのですが、肉からえっと思うほど溶けた油が出てくるので、サラダ油はいらないかもしれません。
 
f:id:noblog0125:20160109172036j:image
 
焼き色がついたら、まな板の上に移動させて、3cm角くらいに切り分けます。
 
f:id:noblog0125:20160109172210j:image
 

切り分けた肉を深めの鍋に入れて、水200ccと料理酒200ccを加えて強火にかけます。

 
f:id:noblog0125:20160109172322j:image
 
沸騰したら中火で10分ほど煮込み、いったん火を止めて冷まします。前半の下茹では、これで完了。
 
f:id:noblog0125:20160109172504j:image
 
上の写真では、茹で汁が透き通って見えますが、しっかり冷ますと驚くほど脂のかたまりが浮いてきます。
 
f:id:noblog0125:20160109172633j:image
 
この浮いた脂を丁寧に取り除いてから、後半の煮込みに入ります。
 
鍋にしょう油を150cc、みりん50cc、砂糖大さじ3、チューブの生生姜を6cmほど加えて、強火にかけます。(参考にしたレシピではチューブ生姜を3cmほどとあったのですが、私は生姜が効いているのが好きなので、倍量にしています)
 
f:id:noblog0125:20160109173018j:image
 
先に茹でておいたゆで卵も、このタイミングで加えます。
 
沸騰したら中火〜弱火にして、アルミホイルなどで落としぶたをします。
 
f:id:noblog0125:20160109173154j:image
 
このままの状態で煮汁が1/3くらいに減るまで煮込むのですが、落としぶたをしないと上のほうにある肉が乾燥してしまうので、落としぶたをした方がいいそうです。
 
1時間ほど煮込んだら、煮汁がとろっとしてきました。
 
f:id:noblog0125:20160109184858j:image
 
これで完成!
 
f:id:noblog0125:20160109185050j:image
 
箸でつまみ上げようとしたら、ほろっとほどけるくらい柔らかくなっていました。
 
f:id:noblog0125:20160109184459j:image
 
帰省先から帰ってきた子ども達の評判も上々でしたよ。
 
圧力鍋を使わなくても2段階、計1時間10分ほどの煮込みでほろほろ柔らかな角煮がつくれたのでオススメです!
 

↓応援クリックを押していただけると励みになりますヾ(=^▽^=)ノ

にほんブログ村 料理ブログ 弁当男子へ
にほんブログ村


男の弁当 ブログランキングへ