アラフォーLife is good!

アラフォーLife is good!

男子弁当と手帳とカラダケア、ミニマルライフのあれやこれや

はてなブログをはじめて1ヶ月が経ちました。プラットフォームの違いによる楽しみ方の違いを実感しています。

f:id:noblog0125:20151217180007p:plain

 

はてなブログでこの「アラフォーLife is good!」を11月16日に開設して、最初の1ヶ月間が経過しました。

 

今年の夏以降からはじめたお弁当づくりをどこかに記録として残したくて始めたのですが、1ヶ月続くとなんだか嬉しさがこみ上げてきますね。

 

まずはアクセス状況の振り返りでも

上のキャプチャー画像は、直近1ヶ月のはてなブログでのアクセス解析を撮ったものです。

 

約3,600PV(Google Analyticsだと3,900PV)ほどのアクセスをいただき、始めた当初はもっと少ないだろうと思っていたので正直驚いています。

 

初日が30PVほど(ただし殆どはブログができたことが嬉しくて自分でアクセスした分)でそこからじわじわと増えて2週間ほどで1日あたり100PVを超えるようになりました。

 

12月7日だけビョン!と飛び出ていますが、これははてなブログの「注目のブログ」に取り上げてもらったからです。

 

そんな時にものんきに「ファミマの厚切りチョコケーキがうまかった」とかのほほんと書いていたせいか、すぐに平常運転に戻りました。

 

減るとちょっとだけ凹みますが、これはこれでいいと思っています。

 

楽しく続けられてきたのは「いいね(はてなスター)」と「読者登録」、そして「ゆるいコミュニティと文化」があったから

実は「 アラフォーLife is good!」は私にとって初めてのブログではなく、今も続けていますがライブドアブログでもブログを運営していました。

 

そちらのブログは最高で月に3万PVを超えて、今は1日平均500PV前後で推移しています。

 

なぜ、別ブログをつくったかというと、アクセス数の話から始めたことでお分かりの通り、前のブログではPV数を伸ばすことばかり考えていたんですね。

 

PV数を意識すること自体は悪いことではないのですが、そこを意識してしまうとなかなか新しい記事が書けなくなってしまいます。

 

楽しくやってきたはずのブログが息苦しくなってしまって、でも閉鎖してしまいたくはない、もっと気楽なことも書けるようにできないだろうか。そんなことをずっと考えてきて出会ったのがはてなブログでした。

 

皆さん意識しているかどうかわかりませんが、はてなブログをやっている多くの方はアクセス数の伸びないブログの書き方をしているんですね。

 

有益な情報提供といったスタンスではなく私的な日記だったり、SEO的には2,000文字以上がなんて言われているなかで1,000文字未満、なかには1行だけだったり、文章が階層化されていなかったり。

 

最初は「えっ!」て思ったんですが、逆にそれが心地よくて。

 

ブログはもっと気楽でいいよと言ってくれているような気がしたんです。

 

そして、記事に付けられる「いいね」や日々増えていく「読者登録」。また、時折頂くコメント。

 

とてもあたたかく迎えられているように感じています。

 

外から見ると「はてな村」なんて閉鎖的な見方をして揶揄する人もいますが、実際にはオープンなゆるい文化だと実感しています。もちろんいい意味で。

 

これからのブログ運営方針について

1ヶ月で65記事を書いて、そのうちお弁当関連が26、おやつ関連が14、心や身体のメンテナンスに関する記事が23、その他手帳・文房具に関する記事やミニマルライフに関する記事で構成されています。

 

この「アラフォーLife is good!」は私のライフブログとそれをベースにしたエッセイを綴っていこうと決めて始めましたので、当面はその方針維持で進めていきたいと考えています。

 

ジャンル的にはアクセス数の稼ぎづらい「日記ブログ」に分類されると思いますが、それでいいと思っています。

 

むしろ、人気ブログの書き方の枠にはまらないフリーダムな書き方をする人がたくさんいるはてなブロガーに、未来のブログのあり方の可能性を感じています。

 

ただ、 ライフログブログというにはお弁当やおやつのことばかりで、ここには書かれていないログがたくさんありますから、何か日常を連載できるかたちで記事カテゴリーを増やしていけたらとも考えています。

 

ちょうど、もうすぐ年末年始休暇に入りますから、そのあたりでゆっくりじっくり考えてきます。

 

引き続き、「アラフォーLife is good!」をご愛顧のほどよろしくお願いします!