アラフォーLife is good!

アラフォーLife is good!

男子弁当と手帳とカラダケア、ミニマルライフのあれやこれや

年末年始の準備に「ストック」を増やさない。お店が我が家のストック収納庫と考えよう

f:id:noblog0125:20151201134941j:plain

 

12月に入りました。大晦日のNHK紅白歌合戦出場歌手も発表されましたね。

 

もうあと何日かすると、「年末年始」に関する話題やニュースが飛び交うようになります。

 

そうなると、なんだか気忙しい気持ちになったり、年末年始の来客・帰省のことなどを考えるようになり、色々なものの準備をしなければと思い始めます。

 

スーパーマーケットやホームセンターのチラシもなんだかやたら大きいもの・ページ枚数が多いものが届くようになります。

 

ここでひとつ昨年の今頃を思い出してみましょう

時期的・季節的に半ば雰囲気に流されて、大掃除や飾り付けもしなければと思い始め、買い物のリストアップを始めるでしょう。

 

でも、ちょっと待って下さい!

 

そのリストアップした商品は、全部本当に必要なものですか?

 

年に1度の大掃除にしか使わない洗剤類の買い込みや、来客見込みの何倍にもなる果物、あるいはシャンプーの詰替えのストックを2つも3つも買う必要ありますか?

 

少しだけ思い返してみましょう。

 

昨年の年末あるいは年明けに、「ちょっと買いすぎたな」「あると便利と思ったけど、結局使わなかったな」と思ったものがありませんか?それも、ひとつや2つではなく、何個も。

 

買えるもの自体が少なかった時代や年末年始に大きい店でも休業していた時代なら買いだめをする意味がありましたが、現在はほとんどの店が年末年始も営業しています。(しかも24時間)

 

山奥の限界集落など交通の不便が大きいところでもなければ、車で数分で行ける近所のお店に行けばすぐに買えるのです。おまけに、その近所のお店にすら行かなくてもすぐに購入手続きのできるネットショップなんかも多数あります。(しかも安く)

 

もう、自宅に大量のストックを持つことは意味を成さなくなっているのです。

 

ストックを自宅に抱える必要はありませんよね?

ここはひとつ、視野を広くとって、近所のお店が我が家のストック収納庫だと捉え直しましょう。

 

買いだめをしない=我が家のストックであるお店にはいつでもあると考えることで、「物理的なスペース」「買いだめに要する時間」「買い忘れの不安」「整理整頓に要する手間と時間」などから開放されます。

 

モノを持たないミニマルライフにあこがれている人ならば、モノを捨てることを考える前にモノを増やさないこと・所有から開放されるきっかけとして、これまで半ば習慣的に行ってきた年末年始の買いだめを止めてみることから始めるのもいいかと思います。

 

ほんのちょっと考え方を変えるだけです。

 

「毎年こうしてきた」「~せねばならない」から一歩だけ離れてみましょう。

 

↓応援クリックを押していただけると励みになりますヾ(=^▽^=)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シンプルライフ ブログランキングへ