アラフォーLife is good!

アラフォーLife is good!

男子弁当と手帳とカラダケア、ミニマルライフのあれやこれや

「死なないレベルの人付き合い」を一度線引きすると、思いがけず生きやすくなる

 

人間の悩みの8割は、何かしら人間関係に由来することだと言われています。

 

人間が人間として生きていくうえで、自分と同じ人間との関係性に悩んで生きていくというのもおかしなものです。

 

昔のわたしもそうですが、人間関係に悩みを持っている人のほぼすべてが、「濃密で良い人間関係を結んでいくことが素晴らしいことで、そのために十分なコミュニケーションがとれないのはダメなことだ」という既成概念に囚われています。

 

一度、リセットしてしまいましょう。

 

友人は1人か2人いれば十分ですし、仕事の関係もビジネスライクなコミュニケーションだけで十分。

 

この人あわないなと思ったらそのままフェードアウトすればいいし、親しいといえる関係を結べなくても「ま、いいか」で流して無理に向上心を持たない。

 

それでは上司や同僚からの評価が心配?

 

いやいや、それこそ実はどうでもいいことです。

 

確かに成果主義といいながら人間の好き嫌いの感情で相対評価をつけられてしまうのも事実です。

 

人事評価や出世に左右するかもしれませんが、そのために無理して人間関係を結ぼうとして気に病むのは本末転倒です。

 

鬱になるまで頑張ったとしても、相手は何とも思ってはくれないのです。

 

例えいまの上司では無理でも、純粋に仕事の成果で評価してくれる、ちゃんと見てくれている人はいます。

 

好き嫌いだけで仕事の評価をするような人のことは、きれいサッパリ流してしまいましょう。

 

もう数日で12月。忘年会のシーズンです。

 

勤め先でもいくつかの関係で忘年会が開かれるでしょうが、他人からの評価を気にした付き合いだけの参加であれば欠席してしまいましょう。

 

仕事の付き合いの延長線上のような飲み会を欠席することで、上司や同僚から何か言われることはあるかもしれませんが、自分が思ったほど他人は人のことなど気にしていないことがわかるでしょう。

 

他の人だって、実はそんなに結びつきを濃くすることは望んでいないのです。

 

モノを手放すミニマリスト/ミニマルライフが広まりつつありますが、モノを捨てることを考える前に、悩み事の8割を占める人間関係をバッサリと断舎離しましょうね。

 

すっきりしますよ~。

 

↓応援クリックを押していただけると励みになりますヾ(=^▽^=)ノ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シンプルライフ ブログランキングへ