アラフォーLife is good!

アラフォーLife is good!

男子弁当と手帳とカラダケア、ミニマルライフのあれやこれや

普段使いのノートだって軽くミニマルな1冊に!ナカバヤシの「LogicalAir」で20%軽量化

f:id:noblog0125:20151119145308j:plain

会社戦略策定や企画書作成、それらの補足資料作成などが仕事のメインなのですが、PCに向かって作成するよりもアナログなノートのうえでペンを走らせながら考えを巡らせる時間のほうが長いです。

 

PowerPointExcelでまとめるのはあくまで思考した結果であって、調べたことをメモしたり、思考の発散あるいは収束をするなら、自由度の高いアナログのノートのほうが断然使い勝手がいい。

 

その代わり何でもかんでもノートに書くので、一般的な1冊30枚のものではなく、50枚あるいは80枚のノートを使っています。

 

必要に応じて過去のノートもセットで持ち歩くこともあるので、ノートといえどそれなりの重さになります。

 

これまで私にとっての至高のノートは、学生から社会人まで大定番の「キャンパスノート」(コクヨ)でしたが、今回出会った「LogicalAir(ロジカルエアー)」(ナカバヤシ)に切り替えることはそれほど悩みませんでした。

従来品より20%軽量化された「LogicalAir」なら、いつも手元に

ナカバヤシの「LogicalAir」は“軽さ”を最大の特徴としたノートで、その重さはわずか160グラム。

 

同じページ枚数のキャンパスノートが200グラムなので、40グラム軽い。

 

40グラムと言われてもピンとこないかもしれませんが、じゃがいも1個が40~50グラム位なので結構差があります。

 

たかが1冊のノートですが、店頭で初めて手にした時はその重さの違いにびっくりしました。それくらいハッキリとした差を実感できます。

 

「ロジカル・エアーノート」は、紙の厚みや文字の書き心地は従来品そのままに、1冊あたり約20%(5冊パックで約120g)の軽量化を実現、5冊パックが従来品の4冊分の重さになりました。

 

軽量化のポイントは“紙”。本文に使用する用紙を刷新したことで、科目別、学校・塾など一度に何冊も持ち歩く際に感じる“重さ”を軽減しました。

 

本文罫は、大きな文字の記入ができ学生の授業用ノートにも活用できる方眼罫(10mm・5mm)と、読みやすさにこだわり本文罫に分割メモリを入れるなど工夫を凝らし、受験やビジネスなど幅広い世代にお使い頂けるロジカル罫(A罫・B罫)の、全4種類です。

 

当社が実施したアンケート調査では、95%の方が「ロジカル・エアーノート」のほうが従来品より軽いと答えました。(※5冊パック品において)

 

ナカバヤシ|[約20%軽量化で持ち歩きも快適!「ロジカル・エアーノート」新発売]

  

また、全ページが方眼なのですが、罫線にも特徴があり、ただの方眼ではありません。

f:id:noblog0125:20151119145521j:plain

 

横罫線はハッキリとした濃さなのですが、縦罫線は薄く印刷されています。これにより、テキスト中心の使い方をする場合は横罫線だけを意識すればよく、逆に図やグラフを書き込む場合は縦罫線が程よいガイドになってくれます。

f:id:noblog0125:20151119145536j:plain

 

さらに横罫線は通常の1行毎の罫線とは別に、1行を3分割する罫線が薄く印刷されています。これにより、文字の大きさを大小きれいに書き揃えたり、細かなグラフや表を書くことにも役立ちます。

f:id:noblog0125:20151119145546j:plain

 

強いて欠点をあげるとするならば、キャンパスノートに比べて万年筆のペン先のひっかかりが感じられるということです。

 

ただ、これは筆記具との相性もあるでしょうから、一概にこのノートが使いにくいということにはならないと思います。

まとめ

ノートには仕事のこともプライベートのことも時系列でどんどん書き込んで使っています。

 

私は記憶力はあまり良い方ではないので、ノートが「第2の脳」と言えるくらい重要なものとなっています。

 

そうすると、以前メモした内容がいま手がけている企画に必要なんてことも度々起こるので、現在使用中のものと1世代前のノートの最低2冊は持ち歩くことになります。

 

長期で手がけている仕事の場合はさらにもう1世代前のノートもあわせた計3冊を持ち歩くこともあるので、ノートの重量というのは身の回りをミニマル化するうえで重要な要素となります。

 

ちなみに、ノートをデジタル化するという方法が無いわけではありませんが、目指すページヘのアプローチの容易さと、パラパラとめくった時のひらめきは、圧倒的にアナログのノートのほうが優っています。

 

そういう意味でもノートの重さが大事なのです。

 

とにかく軽いことが特徴で、罫線の引き方で付加価値を高めている「LogicalAir」。物は試しでまずは店頭で手にしてみてください。